読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余裕がないと何も伸びないと思う。

最近、仕事が忙しい。

そもそもこのブログを始めるきっかけとなったのが、 会社の仕事に干されていて、クビ秒読みだから 自分で稼ぐための第一歩として始めよう。 だったのですが。

今勤めている会社の営業・開発ともに人手不足なようでして。 とばっちりで私まで忙しいです。

FFの赤魔導士的な存在。 リアルでいうとこの期間工みたいな存在。 どうせすぐに切り捨てられるのにね。

今、辞めたら面白いだろーなーと思いつつ、 目先のお金のために時間を切り売りしています。

さてさて。 今回の教訓は「組織は余裕がないと成長できない。」ということです。

例えば、新規問い合わせに営業マンを営業させるにも 営業マンがいなければ、そのチャンスはなくなります。 また、営業で契約にこぎつけても納品する人がいなければ、 結局契約は破棄になるでしょう。(場合によっては損賠ですね。) 商材の開発も開発者がいなければ作れない。 ライバル企業の商材に劣っているところを改善できない。 残業・休日出勤させて作らせても品質保証ができない。 結局ライバル社の方がいいね、となる。

余裕をもっていないと対応できない このことは人に限ったことでなく、時間・カネ・モノも同様なのでしょう。 当たり前といえば当たり前ですが、実践できていない企業が多いのかもしれません。

余裕をもつために本日はここまで。